世田谷自然食品のおみそ汁

お湯を注いでわずか10秒!!

 

本格的なお味噌汁が飲める

 

毎朝の食卓が一段とラクに!

 

 

世田谷自然食品のお味噌汁

世田谷のおみそ汁

 

価格:1,000円(税別)

 

全10種類全部入っています。

 

1家族、最大3セットまで。
2セット以上で、送料無料です。
1セットの場合は、送料300円+税。

 

食べたいときにすぐできる「家庭の味わい」

 

フリーズドライ製法なのでお湯をそそぐだけで、たった1杯から誰でも簡単に家庭的なおいしいおみそ汁を味わうことができます。

 

◯長ねぎのお味噌汁(合わせ味噌仕立て)

 

長ねぎのさわやかな香りと食感が楽しめる定番のおみそ汁。

 

◯とうふと小松菜(白味噌仕立て)

 

なめらかな豆腐にふわっと広がる小松菜が入ったやさしい味わい

 

◯かき卵(合わせみそ仕立て)

 

ふんわりとしたかき卵にだしのうま味が広がるやさしい味わい

 

◯もずくとめかぶ(白みそ仕立て)

 

もずくとめかぶがもつ磯の香りとなめらかな舌触りが楽しめる一杯

 

◯ほうれん草(合わせみそ仕立て)

 

ふわっと広がる彩りのよいほうれん草と油あげのコクが楽しめます。

 

◯わかめと油あげ(白みそ仕立て)

 

わかめと油揚げがボリューム感たっぷりの定番のおみそ汁

 

◯キャベツ(合わせ味噌仕立て)

 

シャキシャキとしたキャベツの食感と油あげのコクが味を引き立てます。

 

◯豚汁(合わせ味噌仕立て)

 

豚肉と野菜のうま味が溶け出し、満足感のある一杯

 

◯なめこ(赤だし仕立て)

 

なめこの食感と赤だしのコクが絶妙なバランスで深みのある味わい

 

○なす(合わせみそ仕立て)

 

やわらかな食感の揚げなすにじんわりとみそ汁のうま味が染み込んでいます。

 

世田谷のおみそ汁

世田谷自然食品のおみそ汁口コミ

世田谷自然食品のおみそ汁

 

世田谷自然食品のおみそ汁

 

世田谷自然食品のおみそ汁

 

-37歳 女性-
子育て中

 

以前私の実家で飲んでみて、美味しいと思ったのが、世田谷自然食品のおみそ汁でした。

 

これまで、数多くのインスタント系のおみそ汁を口にしてきましたが、世田谷自然食品のおみそ汁は別格でした。
何より風味が豊かで、お湯を注いでから香り立つ、おみそ汁の匂いが、食欲を増進させ、寒い冬などにはホッと一息つくことができます。

 

また、世田谷自然食品のおみそ汁は、具材の種類も豊富なところが素晴らしいと思いました。

 

ネギ、ほうれん草、かき玉、豆腐、小松菜、わかめ、油揚げなど、その豊富な具材の種類は、毎日のおみそ汁タイムを、より楽しめるものにしてくれます。もちろん、お湯を注いで10秒も待てば出来上がる、お手軽さも毎日忙しい人たちなどにとって、大きな魅力だと感じられます。

 

実家で初めて飲んだ、世田谷自然食品のおみそ汁は、我が家のお昼を中心に、毎日の食事に大切なもののひとつになっています。

 

これからも世田谷自然食品のおみそ汁で、毎日の豊かな食卓を囲んでいきたいと考えています。

 

-埼玉県 男性-

 

フリーズドライで手軽にいただけるので、朝の忙しい時間にも便利です。
とても良いと思います。

 

-兵庫県 女性-

 

忙しい時など、すぐにできるし味もおいしく具材も多くて、寒い朝は体も心もあたたかくなります。

 

-愛知県 女性-

 

毎日違う具のおみそ汁が味わえてとてもうれしいです。
1つ1つの具も大きく食べごたえがあり、とてもおいしくて大満足しております。

 

-新潟県 女性-

 

お湯を入れるとサッと溶けて、子供にも簡単ですごく食べやすいです。
手も汚れず、子供たちと味の取り合いです。

 

世田谷のおみそ汁

 

※個人の感想です。

 

世田谷自然食品のおみそ汁3つのこだわり

素材のうま味と栄養を閉じ込めたフリーズドライ製法

 

素材の風味そのままのおいしさ

栄養価の損失が少ない

長期間の保存できるので使い勝手ができる

 

フリーズドライ製法とは、素材をこうらせたまま真空状態で乾燥させる製法です。
熱による栄養が少ないため「色」「味」「香り」が損なわれにくく、素材がもつ栄養や旨味、できたての美味しさをそのまま閉じ込める事ができます。

 

お湯を注いでわずか10秒!

 

世田谷のおみそ汁お湯

 

お湯さえあればいつでもどこでも作りたての美味しさを味わえます。

 

◯一人暮らしの息子・娘に
◯忙しい朝食の一品に
◯お弁当のお供に
◯地震などの非常用の食材に

 

素材本来の味を引き出した味わい

 

具材にこだわっています

 

具材そのものの味・食感が楽しめるように具材とおみそ汁の量のバランスを考えて作られています。

 

お湯を注いだだけなのに、この食感・・・
ジュル。。。

 

みそ・だし

 

具材ごとに美味しさを引き出すために、味噌の種類を厳選しています。

 

こんぶ、かつお節、みそ

 

世田谷のおみそ汁

発酵食品が健康を支える!みそは日本の伝統的な発酵食品。

発酵食品みそ

 

古くから食生活を支えてきた発酵食品

 

海や山に囲まれた自然豊かな風土と独自の文化に合わせて、日本では味噌や醤油、漬物、納豆、かつお節などの発酵食文化が非常に発展してきました。

 

発酵とは、微生物の働きによって、人間にとって体にいい成分が食品中に作り出されること。

 

さらに、発酵中に特有の香り成分や豊かなうまみ、深い味わいが加わるため、おいしさが増します。

 

食品の保存性も高まる発酵食品は、古くから家庭の食卓を彩り、今日まで受け継がれながら人々の健康を支えています。

 

<発酵食品の4つの魅力>

栄養価が高まる
豊かなうまみ特有の風味が加わる
おいしい
保存がきく

 

おみそは日本の食卓に欠かせない発酵食品

 

なかでも「味噌」は毎日の食卓に欠かせない発酵食品のひとつ。
味噌は、主原料である大豆に麹(こうじ)と食塩を混ぜて発行させたものです。

 

発酵することで豊かなうまみ、特有の風味が加わり、おいしさが増します。

 

おみそ汁は、発酵食品である「味噌」を使った家庭の定番料理。
野菜などほかの具材も一緒に食べられるため、バランスよく栄養がとれる健康的な料理とも言えます。

 

フリーズドライなら簡単に美味しいおみそ汁が作れます

 

忙しくて食事を準備する時間がないときや、一人暮らしで少量分のおみそ汁を毎日作るのは手間がかかってしまうもの。
そこでおすすめなのが、フリーズドライのおみそ汁です。

 

たった1杯から簡単にできたてのおみそ汁を味わうことができます。

 

おみそ汁で、毎日の食事に発酵食品を取り入れてみませんか。

 

おいそさそのままフリーズドライ製法3つの特徴

 

1.素材の風味そのままのおいしさ

 

2.栄養価の損失が少ない

 

3.長期間の保存が可能

 

フリーズドライの仕組み

 

1.型枠に入れたおみそ汁を凍らせる

 

2.凍結後、真空状態にすると氷となった水分が蒸発

 

3.もともと水分だった部分に空洞ができます。

 

これにお湯をそそぐことで空洞が埋まり、凍結前の状態に戻ります。

 

これがフリーズドライ製法です。

 

熱による影響が少ないため、「色」「味」「香り」が損なわれにくく、素材がもつ栄養や旨味、できたてのおいしさがそのまま閉じ込められています。

我が家の毎日の食卓に欠かせないのが、おみそ汁です。

世田谷のおみそ汁

 

例えば、朝は身体を温めたい、手軽に栄養を摂りたいということで、おみそ汁が欠かせません。

 

特に朝は、ジャガイモ、かぼちゃ、サツマイモなどの根菜類のたくさん入ったおみそ汁で、朝からバリバリ働けるような具材を選んでいます。

 

また、昼は毎日おみそ汁を飲むのは難しいのですが、できる限りスーパーやコンビニエンスストアなどでレトルトのおみそ汁を購入したり、ねぎや油揚げを細かく刻んだものを混ぜた味噌玉を持っていったりするようにしています。

 

それから夜はメインディッシュとのバランスを考えながら、洋風スープなどと使い分けをするようにしています。

 

特に我が家の子どもたちが、豆腐とわかめのおみそ汁が大好きなので、豆腐とわかめ、またはわかめと玉ねぎなどの組み合わせのおみそ汁が出ることが多いかもしれません。

 

いずれにしても、我が家の食卓には、おみそ汁が欠かせません。

 

これからも美味しいおみそ汁で、楽しい食卓にしていきたいと考えています。