手作りのお味噌汁はやっぱりだしが取れるのが全て

手作りおみそ汁の良さは、やはりだしを取れるところだと思います。みそ汁そのものが、だしの味わいを楽しむ料理だと考えるからです。

 

手間暇かけてだしをとるところが、手作りおみそ汁のいいところです。

 

鰹節だったり、煮干しだったり、だしの取り方にもいろいろあり、それぞれの手法でだしをとれるところも、手作りおみそ汁のいいところです。

 

また、使用するお味噌の量も、好みや健康状態に合わせて調整できるところが、手作りのよいところです。

 

できる限り減塩を心がけているので、お味噌の量には気をつけなくてはいけません。

 

また、味噌がゆっくりだし汁に馴染むように、お玉などの上でゆっくり溶くことができるのも、手作りおみそ汁のいいところだと思います。

 

お味噌をゆっくり溶きながら、好みの味に仕上げていくことができるので、その過程が楽しくもあります。

 

いろいろな具材を楽しめるのも、手作りならではです。

 

できるだけ、旬の野菜をおみそ汁の具材にするよう、いつも心がけています。

多少抵抗感を感じたインスタントのお味噌汁

インスタントのおみそ汁の存在を初めて知ったときは、多少抵抗を感じました。

 

あのお味噌の独特の風味が、インスタント食品で再現できるとは思わなかったからです。

 

お味噌の量も、自分にとって多いと感じるか、少ないと感じるか不安でもありました。

 

また、減塩されているのかどうかが1番心配だとも思いました。

 

そんな不安と疑念の気持ちを持ちながらも、自炊が追いつかないほど忙しい時に、某大手食品メーカーのインスタントおみそ汁を利用しました。

 

初めて口にした時、正直びっくりしました。

 

思っていた以上に、お味噌の味がしっかり感じられたからです。

 

意外とおいしいし、手作りのみそ汁とそこまで大差はないなと思ったことを覚えています。

 

世の中の健康志向の高まりからか、減塩にもこだわって製法され、具材もいろいろな種類が豊富に取り揃えられています。

 

インスタント食品も、ここまで来たんだなと実感させられたのが、インスタントおみそ汁でした。

 

今でも、どうしても忙しい時などには、利用させてもらっています。

 

フリーズドライ製法は欠かせないものに

フリーズドライ製法は、インスタント食品の世界で欠かせない製法となっており、よく耳にするようになってきました。

 

食品を凍結したのち、真空状態の中で水分を昇華させて乾燥させるその技術は、保存食品やインスタント食品を作るうえで、とても重要な製法でもあります。

 

何と言っても、水分が除去されていることから、軽量化され、とてもコンパクトであることも魅力の1つです。

 

乾燥による食品の形態の変化も少なく、素材のうまみをそのまま凝縮保存できることが、この製法の素晴らしいところです。

 

また、保存食として携帯することが可能となり、持ち運びにも便利で、現代人の生活に浸透しているのです。

 

わが子が赤ちゃんの頃のお出かけに、よくフリーズドライ製法で作られた離乳食を携帯しました。

 

離乳食は、手作りすると、本当に手間暇かかる食品です。

 

そして、離乳食というだけあって、液状化したものが大変多く持ち運ぶのは一苦労でした。

 

そんな問題を解決してくれたのが、このフリーズドライ製法で作られた離乳食でした。

 

手軽に携帯でき、お湯さえあればどんなところでも、どんな時でも利用できたのが、本当にありがたかったです。

手軽で味も完璧な世田谷自然食品のおみそ汁

おみそ汁は、健康には欠かせないメニューで、毎日でも摂取したいものです。

 

そんなおみそ汁のうま味と栄養素をギュッと閉じ込めており、しかも10秒で出来上がるとは、こんなにありがたいおみそ汁はありません。

 

忙しく自炊するだけの時間がとれなかったりすると、おみそ汁を作るのもおっくうになりがちです。

 

そんな現代人にぴったりのおみそ汁だといえます。

 

忙しい時間を送る人だけでなく、高齢の人にとってもありがたいおみそ汁なのです。

 

お湯をそそぐだけという手軽さは、高齢者だけでなく、忙しい時間を送る人にとってもありがたいものです。

 

しかも、時間短縮だけでなく、具材そのものの素材の味も大事にししているところがこのおみそ汁のいいところです。

 

風味を変えず、栄養分も損なうことの少ないフリーズドライ製法で作られているからです。

 

インスタント食品と聞くと、時間短縮や手軽さが重視され、味は後回しのイメージが強かったものです。

 

そんなイメージを払しょくし、手軽さも、味も完璧にし、そのどちらもこだわって作られたのが、この世田谷食品のおみそ汁なのです。

 

>>世田谷のおみそ汁を見る